「見える化エンジン」の機能

見える化エンジンでは、テキストマイニング技術をベースとした
40種類以上の機能があり、目的に合わせた分析を行い、共有改善が可能です。

機能

見える化エンジンでは、テキストマイニング技術をベースとした40種類以上の機能があり、目的に合わせた分析を行い、共有改善が可能です。

Card image

Twitter検索取得

ツイート内容やハッシュタグ、ユーザー情報、画像などを取得し、データソースとしてインポート

  • #SNSの情報取得
Card image

Instagram検索取得

インスタグラムのテキストやハッシュタグ、画像を取得し、データソースとしてインポート

  • #SNSの情報取得
Card image

クチコミネットワーク

つぶやき数の多いユーザ、ツイートの伝播の向きを確認することで、影響力のあるユーザを発見

  • #SNSの情報取得
Card image

自動インポート

各種データを夜間に自動でインポート

  • #情報の自動反映
Card image

リアルタイム分析

検索結果と同時に行うプロファイル情報付与やポジネガ、トピックスなどの即時的な簡易分析

  • #情報の自動反映
Card image

ランキング

ランキング形式で上位意見を把握。構文解析により、単語だけでなく2項間係り受けや3項間係り受けでの表示も可能。対象テキストにおける件数、頻度、定型文を表示し、原文や集計まで深堀。

  • #グループ分け
  • #市場心理
  • #感情分析
  • #興味・関心を特定
  • #リスク管理
  • #顧客満足
Card image

ワードクラウド

頻出単語を並べることで、上位意見を俯瞰。発言頻度に応じてフォントサイズが変化するほか、注目発言の文字色変更が可能。

  • #グループ分け
  • #市場心理
  • #感情分析
  • #興味・関心を特定
  • #リスク管理
  • #顧客満足
Card image

マッピング

共起の関係を捉えることで、話題の広がりや、話題同士の繋がりを把握。

  • #グループ分け
  • #市場心理
  • #感情分析
  • #興味・関心を特定
  • #リスク管理
  • #顧客満足
Card image

クロス分析

属性データの他、独自にグループ分けしたものなど、様々な軸で内訳や傾向を定量化。

  • #グループ分け
  • #市場心理
  • #感情分析
  • #興味・関心を特定
  • #顧客満足
Card image

原石発掘

少数意見から、キラリと光る重要な意見を見つけ出す。

  • #市場心理
  • #顧客満足
Card image

画像分類

画像を分析者の視点で分類、またそれを機械学習を用いて分類することで、テキストでは読み取れない状況など、自由度の高い情報をを付与

  • #市場心理
  • #顧客満足
Card image

ポジネガ分析

ポジネガ双方の上位意見を、その件数・割合とともに並べて把握

  • #市場心理
  • #リスク管理
  • #顧客満足
Card image

リレーション分析

商品の提供価値、それにより生じる感情や事象から、最終的な評価に至るまでの消費者の価値基準や感情を分解・可視化

  • #市場心理
  • #感情分析
  • #顧客満足
Card image

比較表現

「◯◯よりも△△の方が」等の比較を用いた表現をもとに、競合製品と自社製品の強み・弱み等について分析

  • #市場心理
Card image

時系列グラフ

全体件数のモニタリングだけでなく、分類機能を利用した話題ごとの件数推移など、指定した期間ごとの件数推移をグラフで表示。

  • #感情分析
  • #リスク管理
Card image

急騰ワード

急騰度(特定期間内で比較した際のデータの偏り度合い)の高いワードを抽出することで、リスクの早期検知・急騰している話題発見に寄与

  • #リスク管理
Card image

変化モニタ

キーワード(係り受け)ランキングを時系列で表示し、話題がどのように変化をしているのか把握。

  • #感情分析
  • #リスク管理
Card image

パレード図

上位の単語が全体の何割程度を占めているか見ることで、発言されている話題の分散度合いを確認

  • #興味・関心を特定
  • #顧客満足
Card image

集計表

指定のテキスト件数や割合を表形式で表示。

  • #興味・関心を特定
  • #顧客満足
Card image

ワードプロット

おすすめ度ごとに発言されやすい話題など、属性値やグループをグラフ上にプロットすることで、施策の優先度付けに活用。また期待と実態のギャッププロットを作成するなど、比較や傾向把握を実施

  • #興味・関心を特定
  • #顧客満足
Card image

内訳マトリクス

マトリクス上に円グラフを表示し3軸をかけ合わせることで、マトリクスによる視覚的な把握とともに、内訳などの属性を細分化した深堀りが可能。

  • #リスク管理
Card image

CS・評価マップ

各満足度と総合満足度を指定して、総合満足に寄与する要因を分析

  • #顧客満足
Card image

積上グラフ

属性別に数値の積み上げグラフを表示

  • #品質改善
  • #NPS調査
  • #ロイヤリティ形成因子の発見
Card image

面積グラフ

全体の割合からデータの件数を面積図で視覚的に表示

  • #品質改善
  • #NPS調査
  • #ロイヤリティ形成因子の発見
Card image

相関ルール分析

相関ルールを用いて「商品Aを買う(X)と商品Bも買う(Y)」のように、Xが起きたときYが一定の確率で起きる事(同時発生率や事象の関係性)を分析。

  • #顧客満足
Card image

効果抽出

テキストの中から、「○○になった」「○○になりたくなった」を抽出します

  • #顧客満足
Card image

頻度表現

「いつも」「たまに」など頻度別に、それぞれの単語からテキスト詳細を深掘り

  • #顧客満足
Card image

反響分析

カスタマージャーニーを軸とした「反響分析テンプレート」を活用し、反響の対象となる商品・キーワードを指定することで「買うかも」「買った」「リピ」「気に入った」などのジャーニーを瞬時に数値化

  • #顧客満足
Card image

定形レポート

テンプレートにより、効率的なレポート作成を支援

  • #レポート
Card image

お気に入りレポート

アウトプットをダッシュボード化し、WEB上で経営層や関連部門などに展開することで、閲覧が直感的に分析できるポータルを構築

  • #レポート
Card image

気づきポータル

複数のデータソースやプロジェクトで作成したレポートをまとめて表示

  • #レポート
Card image

改善カフェ

アイデアや改善意見などをタスクとして登録し、優先度や期限などを付与して担当部門に共有。コミュニケーションを行いながら改善ステータスや状況を把握し、根本解決のPDCAを支援。

  • #改善タスク管理
Card image

意味属性

助動詞や文脈によって変化する「~しやすい(容易)」「~しにくい(困難)」「~したい(要望)」などの言い回しを構文解析から判定し、意味属性として単語に情報を付与

  • #グループ設定
Card image

属性管理機能

データを元に属性を設定できます。

  • #反響分析
  • #リスク検知
  • #改善アクション後の評価
Card image

単語リスト

ポジネガやリスクワード、提供価値など、注目したい単語の強調表示や文脈の重み付けが可能

  • #辞書機能